機能(経理業務効率化) 電子帳簿保存法対応

電子帳簿保存法対応で、レシート・請求書の管理コスト削減、
紛失/棄損リスク防止にも役立ちます

領収書や請求書の保管コストがかさむ、証票を探し出すのが面倒…など、領収書、請求書、取引関係書類 の保管にお悩みではありませんか ?
eKeihiは「電子帳簿保存法」に対応しており、保管にかかるコストを削減や、証票検索の時間短縮、税務調査へのスピーディーな対応などを実現します。

資料請求いただいた方には「電子帳簿保存法早わかりガイド」をお送りします。

電子帳簿保存法対応

  • eKeihiは電子帳簿保存法の要件(証憑)に対応。
  • バラバラな証票書類のファイリングはもう不要。

スマホ撮影保存

  • 証票書類画像にタイムスタンプを付与。
  • 紙の書類は定期検査後に破棄可能。

紛失/棄損リスク防止

  • デジタルデータ化で紛失や棄損のリスクが減少。

管理コスト削減

  • 書類の運搬・保管、検索にかかる時間も大幅削減。

eKeihiにおける電子帳簿法のスキャナ保存要件対応

保存要件 対応内容
タイムスタンプ
  • 日本データ通信協会から認定を受けているタイムスタンプを使用しています。
  • 課税期間中の任意の期間を指定し、有効なタイムスタンプであったか、改ざんされていないか一括で検証できます。
読取情報の保存

解像度、階調、大きさの情報を保存しています。

バージョン管理

訂正、削除履歴を確認できる仕組みです。

入力者情報の確認

確認者のユーザーIDを保存することで入力者を識別する情報が確認できます。

帳簿との相互関連性

eKeihiの伝票IDをお使いの会計システムへ渡すことで相互関連性を実現しています。

検索機能
  • 取引年月日、取引金額その他要な記録項目を検索条件指定して検索できます。
  • 日付または金額に係る記録項目についてその範囲を指定して検索できます。
  • 2つ以上の任意の記録項目を組合わせて検索できます。