中央労働金庫 様|「eKeihi」 導入事例 
Loading

導入事例

年間2万枚の申請書がゼロに
丁寧な「人」のフォローと
システムの柔軟性が決め手

中央労働金庫 様

労働組合や生協などが資金を出し合って作られた協同組織の金融機関。2001年に茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨の8労働金庫が統合し「中央労働金庫」が誕生した。働く人の豊かな暮らしに役立てられるよう、個人向け融資を中心に展開している。2014年4月より「eKeihi」を導入いただいた。

「eKeihi」導入前はどんな困りごとがありましたか

年間2万枚もの紙ベースの申請書をなくしたい
140以上の店舗で発生する旅費精算事務を一括したい

これまでは、140以上ある各店舗それぞれで職員の旅費交通費の精算をしていました。Excelで出力した申請書に判を押し、各店舗ごとに上長が承認し、庶務が経費処理するという流れで年間2万枚もの申請書が発生します。この紙をなくし、店舗ごとの経費精算を本部で一括して処理・管理できれば業務フローの効率化が可能だと考えました。

これを実現できるシステムをピックアップして5社ほど検討し、そのうちの1社がイージーソフトでした。

「eKeihi」を採用いただいた理由は何ですか

まずランニングコストの安さ、そして「人」への信頼
シンプルな構成で希望の処理やフローが組める

機能などから最終的に2社に絞りました。さらに詳しく聞いてみると、もう1社の話は精算事務以外の機能が充実していることが中心。対して「eKeihi」は自分たちが求めていた精算機能に特化されていることに加え、コストも安い。それに営業担当の方がこちらの要件定義を細かく聞いて、予算ごとに複数のプランを提示してくれる姿勢に誠実さを感じました。

ランニングコストの安さは驚きました。想定より何割かリーズナブルな価格で済んでいます。「一度パッケージを整えたら追加することはあまりない」と言われ、本当にその通りになっています。柔軟性のあるシステムなので、こちらがパラメータを変えれば有償カスタマイズに頼らなくてもきめ細かい設定ができます。

導入後はどんなところが改善されましたか

旅費精算の申請書にかける時間・紙・手間がなくなった
細かい仕訳設定で入力者が間違いなく項目選択が可能

まず当初の目的だった「2万枚の紙削減」は実現しました。申請は画面上で完結でき、庶務による金額チェックなどの手間も激減しています。入力者にとっても非常に便利になりました。当金庫では同じ「研修費」でも参加するものによって独自の仕訳があり、財務上は区別する必要があります。「eKeihi」の設定では該当する研修名を選べば仕訳まで間違いなく流れるように工夫しました。これは基本機能で対応できます。

人員異動で新しい申請者を登録するプロセスは、カスタマイズで自動化しました。人事システムのマスターデータを読み込んで毎日更新し、その際に該当者にアクセス権を付与できるようにしています。

金融機関としてお取引先の信頼性を重視します。「eKeihi」については、実績・コスト・機能・安定性において高く評価しました。これからも末永くおつき合いができればと思います。

戻る


お電話でのお問い合わせ

9:00 - 12:00 / 13:00 - 18:00 (土日祝日を除く)

資料請求・デモ依頼
見積もり相談
資料請求する
30日間無料
お試しサービス
試してみる

閉じる