交通費精算|経費精算システム「eKeihi」 
Loading

交通費精算

交通費精算をすばやく、スマートに

交通費精算をすばやく、スマートに

日々の交通費精算をすばやく、スマートにすませることができる便利な機能を満載しました。ICカード読込、駅すぱあと連動、訪問パターン転記などの機能により、1日分の精算処理は1分程度で完了。交通費精算にかかる時間を大幅に削減することで、顧客訪問回数を増やしたり、また無駄な残業を減らし、ワークライフバランスを実現するなど、直接/間接ともに効果を発揮、お役に立てる機能です。

  • ICカード読込

    交通系ICカード(Suica、PASMOなど)をピッとするだけで、「eKeihi」で交通費精算、出張精算ができます。独自開発インターフェースによる全国の駅名、運賃の自動表示、二重取込防止など、精算書作成の手間を大幅に削減できるだけでなく、承認者や経理担当者のチェック作業も大幅に削減できます。さらに「ネットワーク型ICカードリーダー」を使用することにより、データを読み込むために、PCを立ち上げる必要がないほか、すぐに一杯になってしまう利用実績データを漏れなく取り込むことができます。
    着席することなく、会社の入口で「ピッ」とするだけで精算ができるのは「eKeihi」だけです。

    ICカード読込についてICカード読込について

  • 駅すぱあと連動

    日付、出発地、目的地を入力するだけで、運賃や経路を自動取得、入力できます。また選択したルートに対する正当性(安い、早い、楽)という情報も表示されますので、コスト削減意識を高め、効率化につなげることができます。

  • 訪問パターン転記

    頻繁に訪問する先は、訪問パターンに登録。コードを選択するだけで、かんたんに精算書が作成できます。また、駅すぱあと連動を使用した訪問パターンでは、運賃改定に伴うメンテナンスは不要。「eKeihi」が常に最新の運賃を自動取得します。

  • 定期券区間自動控除

    「eKeihi」では、定期券区間を自動控除します。ICカード定期券利用時には、ICカードを読み込むだけで、定期券区間を自動で控除します。また駅すぱあと連動時にも、社員毎に登録された定期券区間を自動で控除します。
    定期券区間が控除されている事が一目でわかるようにアイコンが表示されるため、チェックの手間も省けます。
    自分の定期券区間を考慮し精算書を作成する手間から解放されることはもちろん、無駄な交通費の支払を防止し、コストダウンを推し進めることができます。

  • ガソリン単価自動計算

    車を使用した際に、メモをしておいた移動距離を入力すると、あらかじめ登録された距離単価とかけあわせた金額を自動入力することができます。計算ミスを防ぐことができるだけではなく、精算の手間を大幅に省くことができます。車の排気量に合わせた単価設定や、精算日毎の単価設定などにも対応しています。

  • タクシー代精算

    タクシー代の精算ももちろん可能です。タクシー代の精算時には、領収書の提示を自動的に促すことができますので、提示漏れにともなう後戻り工数などを削減できます。

  • 日当入力

    「eKeihi」の交通費精算では、日当の入力にも対応。近距離や日帰りでの外出時にも日当の支給がある場合でも、自分の等級や条件に合わせた日当をボタンを押すだけで入力することができます。

  • 代理入力

    「eKeihi」では、交通費精算でも代理入力に対応。秘書による役員の交通費精算や、業務の都合などでやむを得ず自分で交通費精算ができない場合などに威力を発揮します。

一覧へ戻る一覧へ戻る


お電話でのお問い合わせ

9:00 - 12:00 / 13:00 - 18:00 (土日祝日を除く)

資料請求・デモ依頼
見積もり相談
資料請求する
30日間無料
お試しサービス
試してみる

閉じる