交通費精算|経費精算システム「eKeihi」 
Loading

交通費精算

面倒な交通費精算を簡単に

面倒な交通費精算を簡単に

交通費は、経費の中で一番よく利用されるものです。eKeihiの交通費精算は、電車・バスはもとより、タクシー・公用車・レンタカー・ガソリン代・駐車場代など様々な状況で有効活用できるようになっており、入力の手間を省く、入力ミスをなくす、不正を防止する、精算処理をスムーズにする、外出時も利用できる、といった便利な機能が豊富に備わっています。

eKeihiの交通費精算が選ばれている理由


eKeihiの交通費精算が選ばれている理由
  1. 1. 乗換案内搭載で運賃や経路を自動取得して入力できる
  2. 2. 交通系ICカードの読込形式が豊富二重取込が防止できる
  3. 3. 精算書作成時に入力制御してミスを削減できて承認が楽
  4. 4. 会社に戻らなくてもスマホでいつでも申請・承認できる
  5. 5. 定期券区間は自動控除され、不正経費申請を排除できる
  6. 6. よく利用する経路はパターン登録で入力の手間がない

スマートフォンでいつでも申請・承認

スマートフォンでいつでも申請・承認

eKeihiにはスマホアプリがあり、外出時や出張先でもスマートフォンで交通費精算、出張精算、経費精算することが可能です。 交通費精算するために、わざわざ会社に戻ってパソコンで申請書を作成する必要はありません。当日外出先から直帰することがあっても、電車利用の場合は、NFC対応AndroidスマホにインストールしたICカードリーダーアプリで、ICカードの乗降履歴を取り込み、精算書を作成することができます。また駅すぱあと連動で精算書を作成することもできます。
タクシー利用で立替払いしたときも、受け取った領収書をスマホで撮影して取り込めば、その場ですばやく精算書を作成できます。その日の交通費をその日のうちに精算書に反映させ、仮登録しておけば、後は精算の締めに合わせて提出するだけです。精算の締め日に、自分の活動履歴をさかのぼり、運賃を調べたり、束になった領収書を一枚一枚処理するわずらわしさもありません。スマートフォンを利用することで、電車移動時の空き時間や何もすることがない待ち時間を有効に活用することができます。
承認者に対しては、スマホアプリのプッシュ通知やメールにて、承認の依頼があったことがすぐにわかります。外出中にいつでもどこでも、申請者の経費精算を確認して承認すればよいので、締切りが迫ったときに処理が滞って経理担当者が困ってしまうということはなくなり、スムーズに経費精算フローを進められます。


eKeihiのスマホアプリ
eKeihiアプリ eKeihi
Android版 iOS版
eKeihi ICカードリーダー eKeihi ICカードリーダー
Android版

交通費精算の不正経費申請を排除

交通費精算の不正経費申請を排除

経費の不正請求がもっとも多いのは交通費といわれています。虚偽の交通費申請でよくあるのが、定期券区間の二重請求パターンと、移動経路の水増しパターンです。定期券区間の二重請求パターンは、会社から交通費として毎月支払われている定期券区間内の移動にも関わらず除外せず、交通費として申請しているケースです。移動経路の水増しパターンは、実際は最安ルートを使ったのにも関わらず、申請するときは割高のルートで申請するというものです。
予防策としては、承認者がダブルチェックを行うことが有効ですが、目視のチェックに時間がかかるのとチェックを行う人件費も相応にかかるのがデメリットとしてあります。
eKeihiを利用すれば、定期券区間を自動で控除することができ、ICカードと連動して乗降履歴をそのまま取り込めば、不正は一切できず確実なデータを正確に入力することが可能になります。

交通費精算の主な機能

ICカード読込ICカード読込
Suica、PASMOなどの交通系ICカードをピッとするだけで、交通費精算、出張精算ができます。全国の駅名、運賃の自動表示、二重取込防止など、精算書作成の手間を大幅に削減でき、承認者や経理担当者のチェック作業も大幅に削減できます。
駅すぱあと連動駅すぱあと連動
日付、出発地、目的地を入力するだけで、運賃や経路を自動取得、入力できます。また選択したルートに対する正当性(安い、早い、楽)という情報も表示されますので、コスト削減意識を高め、効率化につなげることができます。
訪問パターン転記訪問パターン転記
頻繁に訪問する先は、訪問パターンに登録。コードを選択するだけで、かんたんに精算書が作成できます。また、駅すぱあと連動を使用した訪問パターンでは、運賃改定に伴うメンテナンスは不要。eKeihiが常に最新の運賃を自動取得します。
定期券区間自動控除
ICカード定期券利用時には、ICカードを読み込むだけで、定期券区間を自動で控除します。駅すぱあと連動にも対応しており、社員毎に登録された定期券区間を自動で控除し、不正受給を防止します。
ガソリン単価自動計算
事前に距離単価を設定しておけば、車を使用した際に、移動距離を入力すると、距離単価とかけあわせた金額が自動入力されます。車の排気量に合わせた単価設定や、精算日毎の単価設定も可能です。
タクシー代精算
タクシー代精算時には、領収書の提示を必須にして自動的に促すことができるので、提示漏れにともなう後戻り工数などを削減できます。AI-OCRに対応しており領収書を撮影すれば自動入力も可能です。
日当入力
出張したときに支給される費用の「旅費日当」にも対応しています。近距離や日帰りでの外出時にも日当の支給がある場合でも、自分の等級や条件に合わせた日当をボタンを押すだけで入力することができます。
代理入力
本人が交通費精算できない場合は、代理人の入力が可能です。秘書による役員の交通費精算や、業務の都合などでやむを得ず自分で交通費精算ができない場合などに役立ちます。

導入企業様の声

中央労働金庫

中央労働金庫 様

2万枚の旅費精算申請書を削減
入力者にとっても非常に便利に
これまでは、140以上ある各店舗それぞれで職員の旅費交通費の精算をしていました。Excelで出力した申請書に判を押し、各店舗ごとに上長が承認し、庶務が経費処理するという流れで年間2万枚もの申請書が発生していましたが、導入後の申請は画面上で完結でき、庶務による金額チェックなどの手間も激減し「2万枚の紙削減」を実現することができました。 入力者にとっても非常に便利になりました。
三井住友トラスト不動産株式会社

三井住友トラスト不動産株式会社 様

ミスや編集の余地がなくなり
紙のチェックが不要になった
当社では本社がチェックして承認された分が各拠点に戻り、拠点ごとに現金で支払いを行う運用にしていました。「ICカード読込」や「駅すぱあと」で金額入力できるのでミスや編集の余地がなくなり、本社での紙のチェックが不要になりました。承認データも基幹システムに取り込めるようアレンジしたので各拠点からシステム上で確認できます。対応できるICカードも幅広いので、全国展開している当社にとって非常にありがたいです。
新明和工業株式会社

新明和工業株式会社 様

複雑な日当体系にも対応
時間とお金のコストが大幅に下がった
自社独自の経費・日当体系が複雑で、各拠点によって近距離と長距離の出張区分があり、距離や時間、役職によっても日当が変わってきます。10社ほど検討しましたが複雑なルールを反映できるシステムは「eKeihi」だけでした。費用は他社と比べて一桁少なく、もう何をとっても「抜群、段違い」という印象でした。経費精算のために雇用していたスタッフの人件費もかからなくなり、時間とお金のコストが大幅に下がりました。

お電話でのお問い合わせ

9:00 - 12:00 / 13:00 - 18:00 (土日祝日を除く)

資料請求・デモ依頼
見積もり相談
資料請求する
30日間無料
お試しサービス
試してみる

閉じる