導入ガイド セキュリティ

セキュリティに対する取り組み

弊社はお客様の情報が大切な情報資産であることを認識して、社内規程に基づき適切な保護措置を講ずる体制を整備しています。セキュリティは世界トップレベルの「Microsoft Azure」を採用し、大切なデータを恒常的に保護します。

「Microsoft Azure」は、世界140か国で運用。国際的なコンプライアンスに準拠しています。「Microsoft Azure」 は、国際的なコンプライアンス標準、および地域、業界に固有のコンプライアンス標準を幅広く満たしています。これらは第三者の厳しい監査によって認められたもので、Azure サービスが世界トップレベルの業界標準、認定、認証、承認と連携し、これらを満たすことを証明するものです。

データはすべて暗号化 あらゆる通信をSSLで保護し、強固な管理体制を構築

お客様のデータはすべて暗号化され、他のお客様のデータとは隔離された状態で安全に保管されます。また、eKeihiクラウドへの通信、およびデータセンター間の通信などあらゆる通信はSSLで保護されます。

データはマイクロソフトデータセンターのみで厳重管理 災害時も対処可能

データは、「Microsoft Azure」の日本国法に準拠したデータセンターのみで厳重に管理・運用されています。データは自動的に3重化され、データセンターにバックアップされることで、不測の災害時にも対処可能な体制を実現しています。

月間稼働率99.9%を保証 安定した可用性を実現

マイクロソフトは、「Microsoft Azure」の各サービスについてサービス レベル アグリーメント(SLA)を定め、稼働時間による月間稼働率、および接続に関するコミットメントを公表。常に安定した可用性を実現します。

24時間365日の運用監視 脅威への備えは万全

24時間365日の運用監視に加え、定期的な脆弱診断を実施し、万全の対策を継続。通信経路上には、ファイアウォールを設置しています。合わせてWEBアプリケーション固有のリスク※への対応として、WAF(Web Application Firewall)も設置しています。

※SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング (XSS)、 セッションスプーフィング、XMLベース攻撃、ブルートフォース攻撃、マルウェアアップ ロード、セッション改ざんなど

eKeihi Cloud 稼働状況

安定稼働

「eKeihi」のクラウドサービス(eKeihi Cloud)は、サービス提供開始以降、100%の稼働率を維持しております。私たちは、いつでも、あたりまえに、安心してご利用いただけるサービスの提供を常に心がけています。

月別平均稼働率
2020年8月 100.00%
2020年7月 100.00%
2020年6月 100.00%
2020年5月 100.00%
2020年4月 100.00%
2020年3月 100.00%
年間平均稼働率
2019年度 100.00%
2018年度 100.00%
2017年度 100.00%
2016年度 100.00%
2015年度 100.00%
2014年度 100.00%

※2020年 9月 現在

※年間平均稼働率は本年4月1日~翌年 3月31日の年度で算出しています。

稼働率の算出方法

稼働率 =(稼働時間 – 障害時間 – 計画停止時間) / (稼働時間 – 計画停止時間)

※計画停止時間とは毎月1回のメンテナンスを行うためサービスを停止する時間および事前通知によりサービスを停止する時間を指します。

※仮想サーバー単位の稼働時間を合計して算出しています。